施設紹介

施設に資料請求や問い合わせをするには、ログインしてください。

病院(急性期)

県立中央病院

所在地: 石川県金沢市鞍月東2丁目1番地
連絡先: 総務課職員係
TEL 076-238-7854
soumuka@ipch.jp

資料請求

問い合わせをする


県立中央病院


  • 施設基本情報
  • 募集要項
  • 採用イベント情報
  • 施設の魅力
施設形態 病院(急性期)
募集職種 看護師, 助産師
雇用形態 常勤雇用
勤務形態 3交代制と2交代制の併用

ひとことPR

チーム医療を推進し、看護活動を通して地域に貢献します。
いきいきとしたやりがいのある看護実践のために、あなたの力を発揮させて、これからのチーム医療を共に支えていきましょう。
病院も新しくなります。患者さんが求めている看護を一緒に実践しましょう。
病院見学は平日に随時受け付けております。

現在

募集要項

募集職種 看護師、助産師
募集人員 28名(2017年採用)
仕事内容 病棟看護業務
応募資格 2017年4月に看護師・助産師資格取得見込の方
または、すでに看護師・助産師資格を有する方
雇用形態 正職員
給与 初任給(2016年入職者実績)

初任給(手当込み)
看護師(4大卒)    248,961円
看護師(短・専3卒)  238,798円
看護師(短・専2卒)  229,823円
助産師         251,984円
(月8回夜勤の場合)

初任給(基本給・地域手当のみ)
看護師(4大卒)     210,635円
看護師(短・専3卒)   200,953円
看護師(短・専2卒)   192,404円
助産師          213,519円
諸手当 期末手当、勤勉手当、地域手当、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、夜間看護等業務手当等
昇給 年1回
賞与 年2回
勤務地 金沢市
勤務形態 三交代制及び二交代制
休日・休暇 年次有給休暇、夏期休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休業制度
福利厚生・教育研修 (福利厚生)
院内保育所(中央病院のみ)が設置されている他、健康の維持・増進のための各種健康診断、給付・貸付事業を行う共済制度及び互助会制度等があります。

(教育研修)
プリセプター制度をとっており、新人をきめ細かくサポートします。
キャリア開発ラダーを導入しており、新人から段階ごとの目標が達成できるように研修企画されています。
応募方法 郵送または直接
連絡先 076-238-7854
勤務時間 三交代勤務:日勤  8:30~17:15
        準夜勤16:30~1:15
        夜勤  0:30~9:15
ニ交代勤務:日勤  8:30~17:15
        夜勤  16:30~9:30 など
情報更新日 2016年5月24日
現在、募集はありません。

先輩ナースの声

当施設で働く先輩ナースからのメッセージです。

県立中央病院

育児と仕事の両立ができる職場です

大島さん(3-5/3年目)

現在、院内保育園を利用しながら働いています。仕事復帰する前は、育児と仕事の両立ができるのか、とても心配でした。特に、夜勤をしても大丈夫なのかということが一番の気がかりでした。しかし、シフトは夜間保育を行っている日に合わせ組んでくださり、安心して夜勤を行うことが出来ています。また、保育園の先生も優しく、子ども達が楽しく過ごせるよう、運動会やクリスマス会などの行事もあります。保育園での子どもの写真はどれを見ても笑顔で、安心しています。仕事と育児の両立は大変ですが、働く環境が整っており、安心して仕事ができ、働く看護師には優しい職場です。

 
県立中央病院

助産師としてやりがいのある職場です

小林さん(2-3/2年目)

希望していた産婦人科病棟で働くことができ、妊娠から出産・産後の育児に関わることができるので、とてもやりがいを感じています。
 新しい命が生まれてくる瞬間に立ち会うという感動もありますが、同時に母子の健康・安全を確認しながらお産介助をしていくという責任もあります。まだまだ半人前で勉強の毎日ですが、厳しくも優しい先輩に指導してもらい、成長していきたいと思っています。
 働いていると辛いこともありますが、同期の仲間と励まし合いながら、なにより赤ちゃんやお母さんの笑顔に元気とエネルギーをもらって、毎日頑張っています。助産師としてスタートラインに立ったばかりですが、お母さんと赤ちゃんから沢山のことを学び仲間と一緒に成長していきたいです。

 
県立中央病院

男性看護師も増えてきています

井上さん(2-4/4年目)

小児病棟では外科・内科をはじめ全科の様々な疾患を持つ15歳までの子供たちが入院してきます。緊急入院が多く平均在院日数は5日ととても忙しい病棟ですが、チームワークが良く協力し合い乗り越えています。 日々、患者さんや家族と関わる中で看護の奥深さを味わっています。今、患者さんは何を考え求めているのか、自分だったらどうして欲しいかを考えながら看護を行っています。その関わりが自分自身の看護師として、また人としての成長に繋がっていると感じています。当院も近年少しずつ男性看護師数が増えています。周囲に男性看護師がいるというのはとても心強く働きやすい環境です。緊張感のある現場ではありますが、とてもやりがいのある仕事です。

 

このページのトップへ